エッチな生配信が見られるアプリはコチラ↓

ライブチャット

美人すぎる女流棋士 竹俣紅(21)がフジテレビ女子アナに内定

投稿日:

1 :47の素敵な:2020/02/04(火) 19:14:12美人すぎる女流棋士・竹俣紅がフジテレビアナウンサーに内定

「美人すぎる女流棋士」として名を馳せた竹俣紅(21)が来春(2021年)入社のフジテレビのアナウンサーに内定していたことがわかった。現在はタレントとしてクイズ番組を中心に活躍する竹俣が入社となれば、大きな注目を集めることになる。

竹俣は都内有数の進学校・渋谷教育学園渋谷中学時代に14歳で女流棋士となり、対局にテレビ出演など多忙なスケジュールをこなしながら、早稲田大学政治経済学部に現役合格。

2019年3月に日本将棋連盟を退会した際にも、話題を呼んだ。様々な憶測が流れたが、自身のブログで〈大学に入って、さまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思えるように……〉と、棋士以外の道に進むための決断だったことを明かしている。
それ以降は『Qさま!』(テレビ朝日系)や『東大王』(TBS系)といったクイズ番組に出演し、才色兼備ぶりを発揮していた。

実は竹俣にとってアナウンサーは「希望の進路」だった。『週刊文春』(2019年11月28日号)のグラビアページ『原色美女図鑑』で、将来像として「キャスターのお仕事や子供向けの将棋番組をやってみたかった」と語っていた。

「今回、女性アナウンサーとして内定を出した大学生は3名。すでに内定者研修も始まっている。学業に加え、番組収録など多忙な日々を送る竹俣だが、ほかの2人に後れを取ることなく課題をこなしている」(フジテレビ関係者)

ミスキャンパスやアイドルからの転身はこれまでにもあるが、元女流棋士の女子アナとなれば、まさに前代未聞の経歴となる。どんなアナウンサーを目指すのだろうか。フジテレビに聞くと、「採用・内定に関するお問い合わせにはお答えしておりません」とのことだった。

駒をマイクに持ちかえて、今後の活躍に注目が集まる。
https://www.news-postseven.com/archives/20200204_1539685.html

takemata_beni_eyc

jiji_takemata_beni

de99061f5f7d1d3a4d0d1f7b053619e8
竹俣紅プロフィール
生年月日 1998年6月27日
出身地 東京都港区
身長 155cm
血液型 A型
職業 元・将棋女流棋士、タレント
事務所 ワタナベエンターテインメント
備考 早稲田大学政治経済学部在学中
人物・略歴
女流棋士になるまで

2008年、小学4年生の時に日本将棋連盟主催の第1回駒姫名人戦優勝。

2010年、第5回白瀧あゆみ杯争奪戦に出場し、熊倉紫野女流初段と鈴木環那女流初段を破って決勝戦に進出した。さらに、第32期女流王将戦の予選にアマチュア代表で出場し、北尾まどか女流初段、山口恵梨子女流初段に連勝して、アマチュアの小学生として史上初めて女流タイトル戦の本戦に進んだ。本戦1回戦は中村真梨花女流二段に92手で敗退した。

2012年7月22日、渋谷教育学園渋谷中学校2年在学時に、研修会C2で通算9勝3敗の成績を挙げてC1に昇級し、女流棋士3級の資格を得て、女流棋士の資格を申請した。竹俣は既に、女流3級から女流2級に昇級する規定『女流1級に相当する成績(女流王将戦で本戦入り)』を満たしているため、2012年10月1日付での女流2級(プロ入り)が内定した。

女流棋士時代(2012年10月 - 2019年3月)

2012年10月1日付で女流2級としてプロ入り。

2015年度、7月1日の第23期大山名人杯倉敷藤花戦で山口恵梨子に勝ち、昇級規定「倉敷藤花戦ベスト8」を満たして女流1級に昇級。第1回女子将棋YAMADAチャレンジ杯では決勝戦(8月23日)に進出したが、渡部愛に敗れて準優勝。同年度、昇段規定「年度成績指し分け以上(7勝以上)」を満たし、翌年度の初日である2016年4月1日付で女流初段に昇段。

2016年度、高校3年生となり平日に学校を休めなくなったため、2016年4月から2017年3月までの1年間、対局を休場した。一方で2016年4月1日よりワタナベエンターテインメント所属となった。

2018年12月10日、自身の公式ブログで、2018年度の最終日である2019年3月31日に現役を引退して、日本将棋連盟を退会し、女流棋士の身分を放棄することを公表した。同日付で、「2018年度末日での退会届」を連盟に提出・受理された。

退会発表後の2018年12月25日、第41期女流王将戦予選で鈴木環那、次いで清水市代に勝利し、本戦出場を果たした。
2019年3月20日に現役最後の対局(後述)が行われたが、その時点では対局の詳細は非公表であった。この対局は第41期女流王将戦本戦1回戦の対・石本さくら戦であり、同年6月8日に囲碁・将棋chで放送され、石本が勝利した。

通算成績は30勝36敗(0.4545)。>>Wikipedia-竹俣紅

続きを読む


サイトで記事を見る

Copyright© アイドルのグラビア画像&グラビア動画あんてな , 2020 All Rights Reserved.